きままブログ

きままに書いてます。



入院生活さえ楽しめた素晴らしい整形外科病院

      2016/02/04

私は子どもの頃から健康そのものでここまできましたが、唯一整形外科にだけはお世話になり続けています
風邪さえめったにひかない代わりなのか、怪我だけは多い人生だったのです。

一度入院をしたこともあります。
駅の階段が雨で滑り、したたかに腰を打ち付けたのです。
しかもそれが石でできた階段であったため、衝撃と痛みに呼吸困難になるほどでした。
立ち上がることもできず、駅員さんが呼んでくれた救急車で見知らぬ整形外科に運び込まれ、即入院となりました。
レントゲンを撮るまでもなく骨折でしたが、写真を見せてもらうと、まるで漫画のように骨がポッキリ真っ二つに折れていました。
今思い出しても震えあがるほどの痛みです…。

初日の夜はあまりの苦痛で耐えているのに精一杯でしたが、翌日になり周囲が見えてくると、その病院に運ばれたのはラッキーだったと思えてきました。
まず看護師さんがみんな優しくて、とても心強かったこと。
そして病院食が驚くほど美味しかったこと。
しかも院内が明るくきれいで、可愛らしい内装だったのです。
外科と整形外科専門の病院だったので、こじんまりしていてアットホームな雰囲気がありました。

お見舞いに来てくれた友達が、「ネットで口コミ見たら、すごい好評だったよ。運が良かったね!」と教えてくれたほどです。
仕事に穴を開けることになり落ち込んでいた心が、少しずつ救われていきました。

十日間ほど入院し、退院する時には寂しささえ感じました。
あんなに温かみのある良い病院は、なかなかないと思います。
doctor

スポンサーリンク



 - 健康