きままブログ

きままに書いてます。



埼玉の椎間板ヘルニア治療クリニック

      2016/01/06

年を取ると多くの人が腰を触りながら、「腰が痛い!」

といっているのを見かけると思います。

最近では年寄りだけでなく、若い人もこうした症状を訴える人が少なくありません。

腰痛は日本人の国民病だと言った人がいましたが、納得できる感じがします。

こうした腰痛の原因は一つではありません。

さまざまな原因があるようですが、いわゆる腰痛持ちと呼ばれている人の中に椎間板ヘルニアになっている人も多いと思われます。

椎間板と言うのは腰などの骨と骨の間にある軟骨ですが、これが壊れて変形することで、椎間板ヘルニアになります。

腰だけでなく、首の骨にこの症状が現れる人もいます。

こうした状況になった後、どういった症状が出るかは人それぞれであり、ほとんど何の影響もないという人もいます。

実際、無自覚のままヘルニアになっている人も多いのです。

逆にそのヘルニアが神経を突いたりして、痛みを伴う重篤な症状になっている人もいます。

いわゆる坐骨神経痛の主な原因にもなっており、腰痛と共に足のしびれや痛みが出た場合は、この坐骨神経痛を疑うべきだと言われています。

椎間板ヘルニアも悪化すると寝たきり状態のようになることもあります。

治療法としては根本的な治療である手術の他に自然治癒を期待する保存療法と呼ばれるものがあります。

今の治療法の主軸は後者の保存療法と言えます。

MRIの観察により、自然治癒することがわかってからは、極力、手術は避けるようになっているそうです。

ただ、このヘルニアというのは再発しやすいため厄介な病気と言えます。

普段からの予防が大切であり、そのために腰痛体操などをきちんとやっていくことが重要と言います。

また、腹筋や背筋などの筋肉を鍛えることが重要なので、あまり過度に体を休めすぎると筋力が落ち、逆効果だと言われています。

腰は体の軸ですから、腰痛を持っているのは大変でしょうが、予防を心がけて生活をすることで、かなり楽に暮らせるようになると思います。

埼玉に椎間板ヘルニアの治療で有名なクリニックがあるそうです。

海外からも患者さんがくるそうです。

それだけ海外も含めて腰痛などで苦しんでいる人が多いという事ですね。

youtsu_woman

スポンサーリンク



 - 健康